引っ越しで儲かったことと損したこと

36bc6f9934cfec52b560e9362d5be8bc_s
以前、私は独身時代に寮生活をしていたのですが、その際、寮の中の総務的な仕事を無理やり任せられていたような時期がありました。
もちろんそれはボランティアのようなものですから、色々な雑用をこなしても一円にもなりませんでした。
ただ、皆から感謝されることは多かったので、人の好い私は雑用を引き受けていたのでした。

そんな時、会社の都合で寮が閉鎖されることになりました。すると皆、一斉に引っ越しをしていったのですが、私は総務として最後に引っ越しをしました。
その際寮生活をしていた人たちが家具や家電製品、日用雑貨などを「差し上げます」と言い残して出て行きました。
それらの始末に困った私は、買取業者に依頼しました。すると思いがけずに高値で売れたので、私は10万円以上も儲けました。

そんな中、古い物置の奥から骨董品のような掛け軸や壺なども出てきたので、10万円以上儲けて気が大きくなっていた私は骨董品を古物商に持ち込んでもう一儲けしようと企みました。
そのために、わざわざ休暇を取って会社も休みました。

ところが私が骨董品だと思い込んでいたものは皆、偽物のクズのようなものばかりでお金にはなりませんでした。
結局、鑑定料の1万円を損しただけに終わりました。