車は購入前から費用がかさむ

車が売れない時代と言われていますが、私が住んでいる地域は公共交通機関がとても少ないので、車がないと不便で仕方ありません。
なので、若い世代の人も普通に車に乗って生活しています。
道路の交通量も多いので、「車離れ」という言葉とは縁遠い環境ですね。

ただ、車には何かとお金がかかるのは本当ですね(笑)
中古車だとしても、数万円で買えるという話は聞いた事ありません。あるとしても、何か裏があるんじゃないかと怖くて乗れませんよ。
それに、車検などの維持費だってかかります。場合によっては、駐車場を借りる必要さえあります。
うちは自宅敷地内に駐車できるのでいいのですが、集合住宅住まいの人は大変でしょうね。

あと、忘れられがちですが、免許を取るために教習所に通う人が多いでしょうけど、この時点ですでに結構なお金がかかってるんですよね。
無理に通う必要はないって言いますけど、何の知識もない上に身近に教えてくれる人も居なければ、結局教習所で教官から教わるしかないという……。
社会人ならともかく、学生さんだとお金がなくて教習所通いが厳しい……でも車がないと……という人、結構居るんじゃないでしょうか。

20161014

免許を取るためにお金を貸してくれる業者も居ます。
だけど、「免許を取る人全員に貸します!」とは言っていなくて、あくまで審査に通った人のみ。
これさえダメだったら、もう車を諦めるしかないという話になりそうですが……。
もしそっちを当てにするなら、事前にしっかり情報を集めておいた方が良さそうですね。
たとえば、こんな感じ。

免許ローン通らない※自動車学校のローン審査落ちた時

都会ではそんなに必要ないかもしれないけど、そうでない地域にはほぼ必要不可欠な車。
購入のハードルは高いけど、やっぱり一家に一台欲しいところです。
毎年今くらいの時期になると、卒業・就職を控えた学生さんが免許取得のために教習所へ通い出しますが、それに伴って免許ローンも需要が高まっていくのでしょうね。