カテゴリー別アーカイブ: 未分類

割りの良い投資で大損

当時、私の周りには色々な方法で収入を増やそうとしている人がたくさんいました。

私も将来の為生活を充実したものにするためと色々誘われていて、その中の一つの話です。

結局どれも損でしたが、この投資の件が一番ひどく損害を受けてしまいました。

内容はビットコインのようなある新しい仮想コインを作るのだが、始めのうちに買わないかと言うものでした。

そしてそのお金はコインの価値が上がれば上がるほど高くなると言われました。

私も結構大きい額ですが、中には200万ほど投資した人もいました。 実際に、ネット上ではコインの価値はどんどん上がり、もらえる金額は原価の10倍をあっという間にこえました。

しかし、下ろしたくてもまだ制度が整っていないので下ろせないと言われるのです。 そのうちサイトにキャッシュカードを発行すると発表され、発行依頼をしました。しかし、何ヵ月たっても届かないのです。

結局、そのあとサイトはリニューアルの為と使えなくなりました。その後ももうしばらくお待ちくださいと言われ続け、さすがにもう騙されたと嫌でも信じるしかなくなりました。

普通に考えればそんな甘い話があるわけないというのはわかります。でも、最初は怪しいと思ってても周りがやってると大丈夫じゃないかと思えちゃうんですよね。 見事に大失敗をしました。

本当に大きな勉強代と思うしかやっていけないですね。甘い話には罠がある、教訓ですね。

名前が左から右に入っている印鑑に変えたらお金が貯まるようになった

43歳女性です。

結婚して苗字が変わった時に新しい苗字の印鑑がなかったので、結婚後しばらくしてから象牙のきちんとした印鑑を作ってもらいました。

普通の印鑑は、字が上から下になっていますが、銀行の通帳やお金の絡むものの手続きに使う印鑑は左から右に字が入っているものが良いと聞き、その通りに新しい印鑑を作ってもらいました。
字が上から下に入っている印鑑はお金が下に落ちていってしまい、手元に残らないそうでうす。そして、字が左から右に入っている印鑑はお金が横に流れるということで、貯まるそうです。

特に信じていたわけではないですが、どうせ作るのなら良いと言われているものの方がいいと思い、横に名前が入っている印鑑を作り、我が家の通帳は今までの印鑑から変更手続きをして横に名前が入っている印鑑に変更手続きをしました。

印鑑を変更してしばらくしてから、会社の手続きミスで今まで忘れられていた手続きがあることが発覚して半年分の臨時収入が入ってきました。

印鑑を変更したおかげで今まで損していた分が戻ってきたので、作って良かった~と思いました。

以前はまったくお金を貯められなかった私ですが、横向きの印鑑を使うようになってから少しずつですが、通帳にお金が貯まるようになりました。

タイ・バンコクならではの豪華体験

彼女と付き合ってから1年がたち、その記念として1日だけ贅沢をしようと決意しました。バンコクに住んでいるので、近場で様々な贅沢が出来ます。
今回行った贅沢コースの内容としては、午前中は日頃の疲れを癒すべくタイマッサージへ、お昼は五つ星ホテルでフランス料理を堪能し、午後は高級デパートで買い物(前から気になっていた靴を購入)、夕方は少し歩き疲れたので足マッサージへ、夜は豪華客船でクルーズし、バンコクの夜景を見ながら豪華すぎる料理やお酒を楽しみました。
タイのマッサージ店は日本のマッサージ店と比較し値段が非常に安いです。全身マッサージは円換算で1時間750円程度で、町には沢山のマッサージ店が有り、質も満足いくもので非常にリーズナブルです。
勿論五つ星ホテルの料理、高級デパートでの買い物、クルーズは日本と同程度の値段ですが、マッサージの差額分を考えるとトータルで見ても日本と比較しリーズナブルに贅沢が出来ます。
バンコクは様々な商売が集中しており、移動に時間とお金がかかりすぎない分他にお金を使うことが出来ます。
贅沢を味わっても、終わってみれば沢山のお金を使い、若干後悔した気持ちになることも無く、満足感による贅沢も味わえます。
安くて良いサービスが受けられるのは最高の贅沢じゃないかと考えています。
勿論、マッサージ以外にした贅沢も、非常に満足の出来るもので、料理は美味しく、タイ人独特の陽気なサービスで気持ちよく食事やサービスを受けました。

彼女のせいで自分の飲み代すらなかった

大学のサークルで知り合った後輩女子と親しくなり、やがて交際に発展。最初のうちは純粋に明るくて可愛い子だと思っていたのですが、次第に本性を現すようになりました。

まず、とても疑い深く、嫉妬深い。少しでも別の女の子と会話しているのを目撃されると、すぐに浮気だと思い込み、泣きわめく。しまいには「どうせ私なんてどうでもいいんでしょ、だったら死んでやる」と言ってカッターナイフを手首に当て始めるのです。もちろん止めていましたが、本当に恐ろしかったです……。

それだけではありません。カップルなら当然デートというものをするのですが、当時は週に5日は会っていました。じゃないと、「寂しい」「会いたい」というメールや電話がひっきりなしに来るので……。
おまけに、その時にかかるお金は全額僕持ちでした。彼女の家の近くまで迎えに行き、そこから2人分の電車賃を僕が払い、食事やショッピングも奢るのが当たり前。だって彼女、デートの時に自分の財布を持ってこなかったんですよ(笑)
さすがにビックリしたしイライラしてきたので言おうと思ったのですが、その頃はまだ彼女が可愛く見えたのですよ……今思うと、本当に愚かでした。

それは僕が大学を卒業して社会人になっても続き、ただでさえ新卒の給料なんてたかが知れているのに、その半分以上を彼女に費やしました。社会人になると、先輩や同僚から飲みの誘いが増え、僕もお酒は好きだったので行きたかったです。でも、そちらを優先すると、待っているのは彼女の脅迫めいた恨みつらみ……。

20170115

飲みに行きたいけどお金がない
まさに、こういうサイトを見るような状況が続いていました。というか、あまりにも金欠で生活費が足りなくなり、実際に借りた事もあります。
金銭的にも精神的にも限界だった僕から別れを告げた時は、今までないほど泣きわめかれましたが、正直泣きたいのはこっちでしたよ……。

キャバ嬢でも借金はできるそうです

私はかつて、バンドのライブに頻繁に通っていました。いわゆる「バンギャル」ってやつです。
チケットの確保ができたら、今度は宿泊先と交通手段の確保。会場ではグッズ類も買います。お目当てのメンバーが写っているチェキも購入していたので、ライブにかかるお金はかなりの額になりました。

当時、もちろん働いてはいたので収入源はありましたが、すべてのライブやイベントに足を運んでグッズやチェキを大量に購入するというのは金銭的に無理でした。しかし、全てのライブ・イベントに欠かさず参加していた顔見知りのファンの方がいて、どうやってお金や時間を工面しているんだろうと不思議で仕方ありませんでした。

その方のブログを見てようやく理由が判明。キャバ嬢として働いているので、いろんな意味で自由に稼げる環境だったのです。上位に入れるほどではなかったけど、生活に困らない程度には稼いでいたみたいです。
だけど、ツアーが始まってライブ続きになると、さすがにそれでも足りなかったのだとか。場合によっては1週間以上家に帰らないので、特に宿泊先や交通費がかさんで大変だと言っていました。
私なら、「お金ないから無理!」で終わらせるのですが、その方はかなり熱狂的というか、妄信的なファンだった(決して悪い人ではないのですが……)ので、1回でもライブを逃したくなかったとの事。

しかも、なぜそこまで話してくれたのかわからないのですが、初の47都道府県ツアーの際は、借金してまで全通(ツアー中のライブを制覇する事)したそうで、いろいろと驚きました。
まず、そこまでしてライブに行きたいのかという事、その精神力と行動力、そしてある程度稼ぎやすいとはいえ、キャバ嬢でも借金できるのかという事に驚いたのです。

20161213

キャバ嬢は基本的に収入が安定しないフリーター扱いのはず。でも、実際には貸してくれるところもあるんだそうです。
キャバ嬢でも借りれる銀行カードローンの情報サイト

そのバンドはかなり前に解散してしまい、そのファンの方とお会いする事もなくなりましたが、あそこまでガッツのあるファンを見たのはあの方だけです。

お金がないなら努力すべき

常に「お金がない」と言っている友人がいます。
遊びに誘うと「お金ないから行けない」、私がショッピングの話をすると「いいなぁ、私はお金ないから何も買えない」と言います。
ほぼ毎回なので、遊びに誘わなくなったしこちらから話しかける機会もかなり減りました。

私がイラッとした理由は、「お金がない」と愚痴られる事だけではありません。
だって、お金がない割には、新幹線で移動するレベルで遠方にある某人気テーマパークに足しげく通っているんですもの。
私はピンときたんです。お金がないというよりは、テーマパーク通いにお金をかけすぎて他の事にお金を使えないのだと。
その友人は正社員の仕事の他、(おそらく会社に内緒で)バイトを掛け持ちしています。少なくとも、バイトの収入だけで生活している私よりは経済的に余裕があるはずです。
私がそのテーマパークに一緒に通えば、遊ぶ機会もあるのでしょうけど……バイト程度の収入しかない私が、年に何回も遠方のテーマパークに通うのは無理です。

20161116

これも、金銭感覚の違いなのかもしれません。
友人は最大の趣味であるテーマパーク通いにお金をかけている。それ自体は別に普通の事ですし、悪いとは言い切れません。
ただ、自分の趣味にお金を使いまくって「お金がない」と愚痴り、挙句の果てには他人の買い物を妬んでいるとも取れる発言をする……。
他の事にも使いたいなら、その趣味方面での出費を減らす努力をすればいいだけでは?
いろんな意味でついていけなくなってしまったので、距離を置くという展開になってしまったわけです。

私にも趣味はあります。それなりにお金を使う趣味です。
でも、他に出費の予定がある場合、その趣味に使うお金は抑え気味にしています。当然の事です。
単発のバイトで臨時収入を得た事もあります。お金の事で他人に愚痴るのは物凄く嫌だと思う性格なので、自分で出来る範囲の努力は惜しまないようにしています。

ちなみに、来月もちょっとお金が入り用になります。また単発のバイトでもしようかしら。

車は購入前から費用がかさむ

車が売れない時代と言われていますが、私が住んでいる地域は公共交通機関がとても少ないので、車がないと不便で仕方ありません。
なので、若い世代の人も普通に車に乗って生活しています。
道路の交通量も多いので、「車離れ」という言葉とは縁遠い環境ですね。

ただ、車には何かとお金がかかるのは本当ですね(笑)
中古車だとしても、数万円で買えるという話は聞いた事ありません。あるとしても、何か裏があるんじゃないかと怖くて乗れませんよ。
それに、車検などの維持費だってかかります。場合によっては、駐車場を借りる必要さえあります。
うちは自宅敷地内に駐車できるのでいいのですが、集合住宅住まいの人は大変でしょうね。

あと、忘れられがちですが、免許を取るために教習所に通う人が多いでしょうけど、この時点ですでに結構なお金がかかってるんですよね。
無理に通う必要はないって言いますけど、何の知識もない上に身近に教えてくれる人も居なければ、結局教習所で教官から教わるしかないという……。
社会人ならともかく、学生さんだとお金がなくて教習所通いが厳しい……でも車がないと……という人、結構居るんじゃないでしょうか。

20161014

免許を取るためにお金を貸してくれる業者も居ます。
だけど、「免許を取る人全員に貸します!」とは言っていなくて、あくまで審査に通った人のみ。
これさえダメだったら、もう車を諦めるしかないという話になりそうですが……。
もしそっちを当てにするなら、事前にしっかり情報を集めておいた方が良さそうですね。
たとえば、こんな感じ。

免許ローン通らない※自動車学校のローン審査落ちた時

都会ではそんなに必要ないかもしれないけど、そうでない地域にはほぼ必要不可欠な車。
購入のハードルは高いけど、やっぱり一家に一台欲しいところです。
毎年今くらいの時期になると、卒業・就職を控えた学生さんが免許取得のために教習所へ通い出しますが、それに伴って免許ローンも需要が高まっていくのでしょうね。

ファッションにお金をかけまくっていた頃

昔、ある系統のファッションを好んで着ていたのですが、当時よくお世話になっていたブランドの全店舗が、今年の夏に経営を終了した事を知りました。
そういうお洋服を一切着なくなって10年ほどになりますが、かつてお世話になっていた事もあって時代の流れを感じました。
昔は、そういう系統のお洋服に身を包んだ子たちを街でよく見かけたものですが、ここ数年でほとんど見かけなくなったように思われます。
絶滅とまでは行かないでしょうけど、今は別の系統のファッションが流行している事、当時そういうお洋服を着ていた人はだいたい私くらいの世代になり、年齢的な理由で着なくなってしまった人が多いのでしょうね。

20160916

そのブランドのアイテムは、お世辞でもお手頃価格とは言えないレベルでした。
まぁ、あの系統のお洋服はどうしても割高になってしまうので、そのブランドに限った事ではありませんが……。
ブラウス1枚で5桁でしたので、それはもう大切に扱っていましたよ。
その辺に売っている1枚数百円のTシャツなら気軽に買い替えられるけど、こちらはそうもいきませんから。
値段が高い分大切に扱っていたし、頑張ってバイトして貯めたお金で買ったものだったので、愛着が湧いてくるんですね。
だから、「もうこの年齢じゃ着られないな」と思って処分を決意した時も、かなり迷ったのを覚えています。

で、いざ古着屋さん(その系統の専門店)に売却を依頼しても、買い取り価格は元の値段に到底追いつかないんですよ。
1回着ただけでも中古品扱いになるし、お店側も利益を出さないとやっていけないのでわかるといえばわかるのですが、何だか切ないなぁと思っちゃいました。
とても思い入れのあるお洋服ばかりだったので、同じくらい大切に着てくれる人に買われていったらいいなぁと願っていました。

当時、ファッションに費やした額は、今の何倍・何十倍にもなりました。
今は2000円台のジーンズを買うのも悩んでしまうレベルです(笑)
でも、あの時はとても満足していたし、今でも後悔はしてないですね。

欲しい時に買うべきか

欲しいものがあるけど、お金に余裕がなくて買えないという事、とても多いと思います。
経済的に余裕がある家系の人にはあまり関係のない話でしょうけど、私のような正真正銘の一般庶民はどんなに欲しくても買えない事があるのです。

数年前の事なんですが、かねてから欲しいと思っていた商品が通販サイトで売られているのを見つけました。
しかし数量限定生産という事もあり、中古ながらプレミア価格がついていました。
定価でも高くて買えなかったのに、当時は前の勤務先を辞めて転職活動中だった事もあり、なおさらお金に余裕がありませんでした。
2万オーバー……しかも自分の趣味のために親からお金を借りるなんてできませんし、たかが2万円とはいえ無職でしたので、消費者金融等で借りるという考えもなく。
その時点では、売り切れないよう祈るしかなかったんですね。

まぁ、結局それから1週間もしないうちに誰かが購入したらしく、売り切れてしまったのですが。
それからいろいろ探し回ったけど、中古でも取り扱っているところは見つかっていません。
あの時職に就いていてお金があれば、数年越しの願いが叶ったのに……と悔やんでいます。
クレジットカードも当時は持っていませんでした。

「欲しいと思ったらその時点で買え」とも言われますが、そうすると今度は衝動買いの癖がつきそうで怖いですね。
無駄遣いの根本的な原因にもなりますし、そんなに必要性がないものでもホイホイ買ってしまうというのも、それはそれで違うかなぁ……と。
欲しい物が買えなくて悔しい思いをする事はありますが、どうしても欲しいわけでもないものを買って、結局短期間で処分したり放置してしまうのも、同じくらい悔しいので。

photo

で、くだんの商品は「どうしても欲しい物なのか」というツッコミがきそうですが、どうしても欲しいです(笑)
欲しいと思い始めて、かれこれ4年ほど経っています。正直、今でも喉から手が出るほど欲しいです。
うーん、いくらまでなら出せるかしら……。

破産したセレブの話

一般人にはなかなかピンと来ないんですけど、世界中には数多くのセレブが点在しています。
お金は特定の人の下に集まるって本当なんですねぇ。確かに、世界中に名をはせる活動を展開している人ばかりなんですが。

ただ、そんなセレブもお金と運が尽きて破産するという憂き目に遭った人も居るんです。
日本でもよく知られているセレブだと、世界的にも有名なラッパーのM.C.ハマー氏がそうですね。
それまであまり知られていなかった「ラップ」の知名度を底上げした功績を持つ人物ですが、そこまで人気ともなると当然収入も増えるわけですから、かなり豪華な生活を送っていたようです。
世界的大ヒット作となったアルバムの収入は、豪邸とその維持費・人件費に消え、気づけば自己破産という虚しい結果に……。
今でも音楽活動は続けているそうですが、当時のような豪華な生活とは程遠いんだそうです。

photo

日本人で言えば、小室哲哉さんがかなり近い状況でしたね。
類まれな音楽の才能を生かしてプロデュース業に携わり、リリースされる楽曲は飛ぶように売れたので、小室さん自身も億単位の収入があったそうです。
ただ、売れなくなってからも豪遊を止める事ができなかった結果、一転してお金に困るようになり、ついには詐欺事件を起こしてしまった……というわけです。
小室さんの場合、自己破産とまでは行かなかったけれど、豪遊さえしていなかったらあんな事にはならなかったのに……と悔やまれてなりません。
小室ファミリー世代の私としては、本当にショックだったし嘆かわしい事件でした。

当たり前ですが、一般人とセレブでは金銭感覚が全く違います。
例えば1万円のディナーコースがあるとして、一般人ならとてもじゃないけど出せない額でしょう。
でも、セレブからしたら破格の値段だろうし、毎日のように食べていても大した出費には感じないでしょうね。
何せ、元々の収入がてんで違いますから。

決して、妬んだり僻んだりしているわけじゃないですよ。
セレブになれるほどの収入を得るためには、相応の名声と実績を得る事が最低条件ですから。
その地位に上り詰めるために、相当な苦労をしてきているんでしょうね。