必死でお金を貢ぐ友人に引いた

もう何年も前の事なんですが、バンドのライブではしゃぐのが趣味でした。
それを通じて多くの人々と出会い、ライブに行かなくなった今でもごくわずかですが頻繁に連絡を取ったり会ったりしています。
中には結婚して新たな人生を歩み始めた友人もいるほどで、「もうこんなに年月が経っていたのか」としみじみ感じます。

その上で、ある特定の友人Aの事をふと思いだします。
Aは私より年下で、出会った時はまだ大学生でした。
アルバイトでこつこつお金を貯めながら、行ける範囲内のライブにはすべて足を運んでいました。

しかし、知り合った翌年くらいから、Aの様子が極端に変わっていきました。
最初は大人しい、純朴な雰囲気だったのですが、いつしかお水系のような派手なギャルスタイルに。
さらに、ファミレスでウェイトレスの仕事をしていたはずが、ブログの内容は「お客さんに飲みに連れてきてもらった」とか「裏引き確定!」など、明らかにおかしな内容のものばかり。
1年で急激に変わってしまったAが怖くなり、次第に距離を置き始めました。

後で、別の友人Bから事情を聞いて驚きました。
なんとAは、そのバンドに入れ込みすぎるあまり、一番好きなメンバーと関係を持っていたのです。
関係というのは、この界隈にありがちな「金品を貢ぐのみ」という、非常に空しいもの。
メンバーはAの事を財布としてしか見ていなかったのでしょうが、盲目状態のA本人はメンバーを繋ぎとめるために必死。
そのため、小遣い程度の稼ぎしかないファミレスのバイトを辞め、風俗で働き始めたとの事。
そして、Aが稼いだお金のほぼ全額が、メンバーの小遣いになっていました。

photo

とてもショックでした。
正直、そのバンドの裏側は知ってはいましたが、まさか自分の友人がそんな立場になっていようとは。
それ以来、Aはもちろんバンド側に対する印象は堕ちるところまで堕ちてしまい、Aとは完全に関係が切れ、バンドに対する熱意も冷めきってしまいました。
この界隈ではまったく珍しくない事ですが、少なくとも私はお金“だけ”の関係しか築けないくらいなら、独り身のままで居た方がましだと思っています。