ガソリン価格が下落中!消費者としては嬉しいけど……

ガソリンの価格が下がりつつあります。
今日の時点で、レギュラーガソリンは1リットル113.4円、ハイオクガソリンは124.3円、灯油は61.8円との事。
ここまで値下がりするのは、6年10ヶ月ぶりなんだそうです。
理由として、原油が供給過剰状態にあり、たたき売り状態が続いている事が挙げられます。

photo

一時はレギュラーガソリンが1リットル200円近くなった時もありましたが、遠い昔の事のように思えます。
ガソリンが安いのは、消費者……特に日常的に車を運転している人にとって、非常にありがたい事です。
私が住んでいる地域は公共交通機関が少ないので、自家用車がないと、とてもじゃないけれど生活できません。
ガソリン価格が高騰していた頃は仕事以外で車を運転する事はなかったのですが、今は当時のように節制しまくる必要もありません。
まぁ、いつだって使いすぎない事に越した事はないんですけどね。

一方で、産油国が原油価格暴落の対策を取り始めた事により、今後は再び価格が上昇するという予想も出ています。
せっかく安くなったのに、また高くなってしまうのか……とげんなりしてしまいますが、さすがにいつだかの1リットルあたり180円台というような高騰ぶりにはならないと願いたいです。
繰り返しますが、私が住んでいる地域では車が手放せませんし、あと1ヶ月くらいはストーブを使うので灯油価格も上がってほしくありません。

ガソリンといえば、激安価格でお馴染みのコストコが、「不当な値下げにより周辺地域の同業者に悪影響を与えた」として、行政指導を受けたのは記憶に新しいところです。
消費者からすれば、安ければ安いほどありがたいのですが、同業者からしたらたまったものじゃない……というのもある程度理解はできます。
該当の店舗は何度か訪れた事がありますが、ショップの方もガソリンスタンドの方も大盛況でした。
そりゃ、誰だって安いところを選びたいですもんね。

少なくとも、車の給油をするなら今週中がチャンスです。
このタイミングを逃すと、来週にはまた価格が上がってしまうかもしれませんから……。

お金のニュースをまとめていきます