ファッションにお金をかけまくっていた頃

昔、ある系統のファッションを好んで着ていたのですが、当時よくお世話になっていたブランドの全店舗が、今年の夏に経営を終了した事を知りました。
そういうお洋服を一切着なくなって10年ほどになりますが、かつてお世話になっていた事もあって時代の流れを感じました。
昔は、そういう系統のお洋服に身を包んだ子たちを街でよく見かけたものですが、ここ数年でほとんど見かけなくなったように思われます。
絶滅とまでは行かないでしょうけど、今は別の系統のファッションが流行している事、当時そういうお洋服を着ていた人はだいたい私くらいの世代になり、年齢的な理由で着なくなってしまった人が多いのでしょうね。

20160916

そのブランドのアイテムは、お世辞でもお手頃価格とは言えないレベルでした。
まぁ、あの系統のお洋服はどうしても割高になってしまうので、そのブランドに限った事ではありませんが……。
ブラウス1枚で5桁でしたので、それはもう大切に扱っていましたよ。
その辺に売っている1枚数百円のTシャツなら気軽に買い替えられるけど、こちらはそうもいきませんから。
値段が高い分大切に扱っていたし、頑張ってバイトして貯めたお金で買ったものだったので、愛着が湧いてくるんですね。
だから、「もうこの年齢じゃ着られないな」と思って処分を決意した時も、かなり迷ったのを覚えています。

で、いざ古着屋さん(その系統の専門店)に売却を依頼しても、買い取り価格は元の値段に到底追いつかないんですよ。
1回着ただけでも中古品扱いになるし、お店側も利益を出さないとやっていけないのでわかるといえばわかるのですが、何だか切ないなぁと思っちゃいました。
とても思い入れのあるお洋服ばかりだったので、同じくらい大切に着てくれる人に買われていったらいいなぁと願っていました。

当時、ファッションに費やした額は、今の何倍・何十倍にもなりました。
今は2000円台のジーンズを買うのも悩んでしまうレベルです(笑)
でも、あの時はとても満足していたし、今でも後悔はしてないですね。

欲しい時に買うべきか

欲しいものがあるけど、お金に余裕がなくて買えないという事、とても多いと思います。
経済的に余裕がある家系の人にはあまり関係のない話でしょうけど、私のような正真正銘の一般庶民はどんなに欲しくても買えない事があるのです。

数年前の事なんですが、かねてから欲しいと思っていた商品が通販サイトで売られているのを見つけました。
しかし数量限定生産という事もあり、中古ながらプレミア価格がついていました。
定価でも高くて買えなかったのに、当時は前の勤務先を辞めて転職活動中だった事もあり、なおさらお金に余裕がありませんでした。
2万オーバー……しかも自分の趣味のために親からお金を借りるなんてできませんし、たかが2万円とはいえ無職でしたので、消費者金融等で借りるという考えもなく。
その時点では、売り切れないよう祈るしかなかったんですね。

まぁ、結局それから1週間もしないうちに誰かが購入したらしく、売り切れてしまったのですが。
それからいろいろ探し回ったけど、中古でも取り扱っているところは見つかっていません。
あの時職に就いていてお金があれば、数年越しの願いが叶ったのに……と悔やんでいます。
クレジットカードも当時は持っていませんでした。

「欲しいと思ったらその時点で買え」とも言われますが、そうすると今度は衝動買いの癖がつきそうで怖いですね。
無駄遣いの根本的な原因にもなりますし、そんなに必要性がないものでもホイホイ買ってしまうというのも、それはそれで違うかなぁ……と。
欲しい物が買えなくて悔しい思いをする事はありますが、どうしても欲しいわけでもないものを買って、結局短期間で処分したり放置してしまうのも、同じくらい悔しいので。

photo

で、くだんの商品は「どうしても欲しい物なのか」というツッコミがきそうですが、どうしても欲しいです(笑)
欲しいと思い始めて、かれこれ4年ほど経っています。正直、今でも喉から手が出るほど欲しいです。
うーん、いくらまでなら出せるかしら……。

破産したセレブの話

一般人にはなかなかピンと来ないんですけど、世界中には数多くのセレブが点在しています。
お金は特定の人の下に集まるって本当なんですねぇ。確かに、世界中に名をはせる活動を展開している人ばかりなんですが。

ただ、そんなセレブもお金と運が尽きて破産するという憂き目に遭った人も居るんです。
日本でもよく知られているセレブだと、世界的にも有名なラッパーのM.C.ハマー氏がそうですね。
それまであまり知られていなかった「ラップ」の知名度を底上げした功績を持つ人物ですが、そこまで人気ともなると当然収入も増えるわけですから、かなり豪華な生活を送っていたようです。
世界的大ヒット作となったアルバムの収入は、豪邸とその維持費・人件費に消え、気づけば自己破産という虚しい結果に……。
今でも音楽活動は続けているそうですが、当時のような豪華な生活とは程遠いんだそうです。

photo

日本人で言えば、小室哲哉さんがかなり近い状況でしたね。
類まれな音楽の才能を生かしてプロデュース業に携わり、リリースされる楽曲は飛ぶように売れたので、小室さん自身も億単位の収入があったそうです。
ただ、売れなくなってからも豪遊を止める事ができなかった結果、一転してお金に困るようになり、ついには詐欺事件を起こしてしまった……というわけです。
小室さんの場合、自己破産とまでは行かなかったけれど、豪遊さえしていなかったらあんな事にはならなかったのに……と悔やまれてなりません。
小室ファミリー世代の私としては、本当にショックだったし嘆かわしい事件でした。

当たり前ですが、一般人とセレブでは金銭感覚が全く違います。
例えば1万円のディナーコースがあるとして、一般人ならとてもじゃないけど出せない額でしょう。
でも、セレブからしたら破格の値段だろうし、毎日のように食べていても大した出費には感じないでしょうね。
何せ、元々の収入がてんで違いますから。

決して、妬んだり僻んだりしているわけじゃないですよ。
セレブになれるほどの収入を得るためには、相応の名声と実績を得る事が最低条件ですから。
その地位に上り詰めるために、相当な苦労をしてきているんでしょうね。

お金に対する考えが変わった出来事

小学生の頃の話なので、もうず~っと昔の事です。
でも、今でもはっきり覚えています。

私は、自転車を持っておらず、当然乗った事もありませんでした。
なぜかというと、バブル崩壊直後の不景気真っ只中だった上に、父が当時勤めていた会社が倒産一歩手前(結局倒産しました)で、かなり苦しい生活を送っていたからです。
そんな私が、裕福な家系である友達の家に遊びに行った時、買ってもらったばかりだという新品の自転車に乗せてもらったんです。
補助輪なんてものはついていませんでした。
ただ、まだ幼くて不安がどうのなんて考えもなく、そのままペダルをこぎ出しました。

当然ながらバランスを維持できず、派手に転倒してしまいました。
不運にも、道の両脇にあった用水路(と言う名のドブ川)に自転車ごとドボン!
割と幅のある用水路だったので、私も自転車もしっかり水没し泥まみれに。
この時に怪我をしたのですが、幸いにも縫うほどではありませんでした。
でも自転車は、チェーンが切れ本体の軸も曲がってしまい、修理の仕様がなかったそうです。

乗れなくなってしまった自転車の代わりに、両親が別の自転車を自腹で購入し弁償していました。
さらに怪我をした部分に雑菌が入って化膿し、しばらく通院治療が必要でした。
このせいで、我が家の生活は極限状態になり、毎日の食事すらまともにできなくなってしまいました。
両親は私を叱りませんでしたが、かえってそれが心苦しかったし、翌日から件の友達(だった子)と他数名からいじめられる羽目になりました。
「貧乏人のくせに自転車なんて乗るから~」と言われた時はショックでしたね。

photo

この時、私は「お金がないというのは、こういう事なんだ」と学びました。
父が再就職していたので、高校に通う事はできましたが、卒業後は就職して必死に働いて稼ぎ、貯金を続けました。
今の私は、同年代のOLさんよりかなり貯金しているはずです。
「生活が苦しい」とか「○○がほしいけど、高くて買えない」と嘆いている社員の女の子を見ると、「徹底して貯金しない自分が悪いんでしょ」と冷めた目で見てしまいます。

相応の対価を求めるのは当然

私の知人で、副業としてイラストレーターの仕事をしている方がいます。
イラストレーターの仕事だけで食べていけるほど収入があるわけでもないので、あくまで「副業」なのだとか。
しかし、ビジネスとして引き受ける以上、それなりの対価がないとやる気が起きないと言っていました。

photo

一般的に、「絵描くのなんて楽なんだから、安値でいいだろう」という風潮が根付いており、近年はそれを問題点として指摘する人も増えてきています。
私はイラストレーターではないし、そもそもビジネスになるような絵を描けないのですが、そういった論争を見るたびに「ビジネスなら、相応の対価を支払うべきでしょうよ」と思っています。

先の知人もそういったケースに遭遇した事があり、頭を悩ませているようです。

「イベント宣伝用のホームページで使うイラストを、カラーでいくつか描いてほしい。報酬は1枚あたり800円」

業界人でもない限り知る機会はないでしょうけど、通常はカラーイラストの場合、1枚につき最低でも5000円が普通だそうです。
モノクロだったとしても、800円なんて安すぎて話にならないくらいなのだとか。
知人がその事をやんわりと伝えると、依頼してきたイベント業者は「じゃあいいです」とそっけない返事で引き下がっていったそう。

結婚式のウェルカムボードとして使うイラストを依頼された事もあったけど、報酬の話をすると「個人でしかもおめでたい場なのに金払うの!?それならいいわ」と、これまたそっけなく返されたそうです。
なお、依頼したのは身近な人物ではなく、「友人の友人」の弟。要するに、赤の他人。
知人は「初対面なのに、無報酬で当然という価値観を押し付けてくる人を祝う気にはなれない」とぼやいていました。

イラストって描き上げるのにそれなりの時間と手間がかかるし、今はほんの少し似ているだけで「パクリだ!潰せ!」と言われる時代なのに、さらにこんな事態になっているんですね。
安値で良質なものを要求される時代とはいえ、これはないでしょう。

断捨離しつつお小遣いもゲット

私は昔から「断捨離」というものができない性格です。
最近はいらないと判断したものはだんだん処分できるようになってきましたが、以前は部屋が物で溢れ返っていましたね。
特に、CD類・雑誌類・衣類。
雑誌類は経年劣化による紙の傷みなどで、廃品回収に出さざるを得なかったのですが、CD類と衣類は中古ショップで買い取ってもらいました。

CD類なんですが、私は特定のジャンルの音楽を好んで聴いていました。
ただ、今は夢中になれるアーティストもおらず、それらの楽曲もほとんど聴かなくなり、押し入れに突っ込んだまま数年が経過。
このまま押し入れで眠らせておくよりも、その音楽を大切に聴いてくれる人が持っている方がいいだろうと思い、専門の中古ショップへ売却する事に。
何回かに分けて売却した事があるのですが、合計で12000円の査定が出た時は驚きましたね。
人気アーティストのCDが多かった事・希少な初回盤が多かった事・もともと値段の高いアルバムが多かった事が理由でした。

ただ、これはCDが売れていた時代だからできた方法です。
今はジャンルに関係なくデータのみの販売が増えてきて、特にこだわりがない人はそちらで購入するようになった(私もそうです)ので、希少品でもない限り大した値段はつかないかもしれません。

次に衣類ですが、こちらもリサイクルショップへ持っていきました。
高級ブランドの物なんて持っていなかったので、大した値段が付かない事は承知していました。
一番多かった時、売りに出した衣類はまさかの100着オーバー。
店員さん、驚いてました。そりゃそうですよね、自分でも「こんなに買ってたのか……」とげんなりしましたから。
ちなみにその時の買い取り額は、だいたい3000円くらいだったかと思われます。
数が多かったのでそこそこまとまった額になりましたが、普段だと1000円超えれば良い方です。

貯金箱

ちなみに、最近またCDを売りに出したいと思っています。
ただ、今は専門ショップが近くにないので、宅配便を利用する事になりそうです。
交通費より安く済むけど、ちょっと面倒……。

デヴィ夫人がセレブじゃなかった頃

去年末に録画しておいた、毎年恒例になりつつある芸能人のドッキリ番組がまだ残っていたので、久しぶりに見ていました。
相変わらず面白かったです。
中でも、デヴィ夫人が人気芸人たちに対して直々にドッキリを仕掛けるコーナーが好きです。
この方、イタズラ大好きですからね~(笑)
別の番組で見かける時以上に生き生きしているのが伝わってきます。

photo

バラエティ番組ではこうして笑いを取っているデヴィ夫人ですが、実際はかなりのセレブ。
元インドネシア大統領の妻だった事もあり、かなり華やかな生活を送っているようです。
しかし、そんな華やかな生活を送るようになるずっと前……若かりし頃は、とても苦労していたと聞いて印象が変わりました。

通信制の高校に通いながら、高倍率の大手生命保険会社に入社しつつ、いくつものアルバイトを掛け持ちして、貧しい家計を支えていたそうです。
今の時代の基準で考えると、相当凄い事ですよね。
今なら、本人の希望だとか家庭事情が絡まない限り、高校に進学して勉強したり部活動に励んだり、友達と遊びに出かけたりするのが一般的です。
でも、その青春時代を捨てて、家族のために一生懸命働き続けた。
中学校を卒業したばかりの少女がそこまでするなんて凄すぎますよ。

一部では「水商売上がりじゃん」なんて意見もありますが、その勤務先は赤坂の一等地の高級クラブです。
それも、早くに亡くなられたお父さんの代わりに、より一層稼がなければならなかったから。
その結果、さらに激動の人生への第一歩になったわけですが、家族を養うための決断だったと思うと、素直に頭が下がる思いです。

これまでにたびたびトラブルを起こしており、前科持ちでもあるのは事実ですが、家族に対する愛情は本物であった事が伝わってきます。
御年76歳……とはとても思えないほどアグレッシブな方ですが、かつて苦労した時代を忘れず、いろんな意味であまりやり過ぎない程度に活躍していただきたいものです。

フリーターでも借金できるの?

消費者金融などを利用する際、絶対に気にしなければいけない事の1つ。
それはズバリ「収入」です。
当たり前ですが、収入がまったくない人はキャッシングのハードルが高くなります。
中には、専業主婦向けのプランもありますが、同居している夫の収入が関係してくる点に要注意です。

photo

では、未婚のフリーターの場合はどうでしょう?
たとえば、アルバイトの収入だけで生計を立てている場合は、消費者金融からお金を借りられるのでしょうか?

答えはYES。
正確に言うと、「状況次第で借りられる」といったところでしょうか。

お金を借りられる基準は各業者によって異なるので、100%借りられるという事はありません。
別の業者からの借り入れを断られても、さらに別の業者では借りられるかもしれません。
もちろん、闇金など危険な業者を抜きにしてですよ。
フリーターにも融資してくれるまともな業者は、意外と存在するものです。
たとえば、こんな感じ。

アルバイト勤務なんだけど、自分はカードローンで借りれるの?

繰り返しますが、借り入れ条件は各業者によって差があります。
基準となる収入額が違ったり、金利が違ったり、返済プランが違うなど。
条件をしっかり把握して、自分に合った業者に申請すれば、お金を借りられるかもしれません。
ただ、今の日本には「総量規制」というものがありますので、収入が少なければその分借り入れ上限額も低くなります。
規定を超える融資は、業者側が罰せられる事になるので、バレないと思ってもしっかり確認されます。

「フリーターの収入では借金できない」という時代は終わりました。
むしろ、フリーターだからこそ、キャッシングによって助けられる事が多いのではないでしょうか。
給料日前で生活が苦しく、食事すら困るという場合、だいたい2万円も借りられれば、少なくとも食事に困る事はなくなるでしょう。
金利は発生しますが、フリーターの収入でも返済が現実的な額なので、依存さえしなければ多大な悪影響が及ぶ事はないかもしれません。

急な旅行、急なキャッシング

「思い立ったら即行動」をモットーとしています。
よく「突拍子もない行動を取るよね」と人から言われますが、あれやこれやと計画を立てるのが好きではなく、その時の気分次第で動くのを楽しみたいと思っている節もあります。

この性格で得をした事もそれなりにありましたが、一度だけ本当に切羽詰まった展開になった事があります。
あの時は本当にどうなるか不安でした。
今思い出しても、よく無事だったなと思いますね(笑)

その時、旅行をメインに扱うテレビ番組を観ていて、「私もどこかに行こう!」と決意。
次の休日、私は財布と携帯と最低限の着替えだけ持って空港へ向かいました。
さすがに海外旅行は無理ですが、極力遠いところへ行きたいと思い、選んだのは北海道。
海がない地元ではありつけないであろう、新鮮な魚介類グルメを堪能してまいりました。
急に決めた事もあり、格安のビジネスホテルは予約が取れなかったので、1泊1万円オーバーのそこそこ高ランクのホテルで1泊。
これが吉と出たのか凶と出たのかはわかりませんが、少なくともその瞬間は大満足でした。

北海道での1日を満喫し、いざ帰ろうとしたところ、私はとんでもない事に気づきました。
なんと、どこかに財布を忘れてきてしまったのです。
中にはカード類や身元を示すものは入っていませんでした。
何の計画もなく飛んできた北海道という土地で、ただ立ち尽くすばかり。

photo

腹をくくった私は、携帯で必死に即日融資OKな消費者金融を探しました。
その場所からごく近い距離にある事が判明し、そちらへ赴いて事情を説明したところ、運転免許証だけは持っていた事もあり、5万円をその場で融資していただけました。
その場しのぎとはいえ、金利が高くつくのは嫌だったので、今日中に振り込みで返済しても良いか尋ねたところ、まったく問題なしとのお返事をいただけました。
どうやら、即日返済だと、法律上金利が発生しないのだそうです。

無事に地元に帰れはしましたが、残念ながら営業時間の関係で即日返済は断念。
返済期限までまだしばらくありましたが、翌日すぐに返済。
金利も微々たるものだったので安心しました。

必死でお金を貢ぐ友人に引いた

もう何年も前の事なんですが、バンドのライブではしゃぐのが趣味でした。
それを通じて多くの人々と出会い、ライブに行かなくなった今でもごくわずかですが頻繁に連絡を取ったり会ったりしています。
中には結婚して新たな人生を歩み始めた友人もいるほどで、「もうこんなに年月が経っていたのか」としみじみ感じます。

その上で、ある特定の友人Aの事をふと思いだします。
Aは私より年下で、出会った時はまだ大学生でした。
アルバイトでこつこつお金を貯めながら、行ける範囲内のライブにはすべて足を運んでいました。

しかし、知り合った翌年くらいから、Aの様子が極端に変わっていきました。
最初は大人しい、純朴な雰囲気だったのですが、いつしかお水系のような派手なギャルスタイルに。
さらに、ファミレスでウェイトレスの仕事をしていたはずが、ブログの内容は「お客さんに飲みに連れてきてもらった」とか「裏引き確定!」など、明らかにおかしな内容のものばかり。
1年で急激に変わってしまったAが怖くなり、次第に距離を置き始めました。

後で、別の友人Bから事情を聞いて驚きました。
なんとAは、そのバンドに入れ込みすぎるあまり、一番好きなメンバーと関係を持っていたのです。
関係というのは、この界隈にありがちな「金品を貢ぐのみ」という、非常に空しいもの。
メンバーはAの事を財布としてしか見ていなかったのでしょうが、盲目状態のA本人はメンバーを繋ぎとめるために必死。
そのため、小遣い程度の稼ぎしかないファミレスのバイトを辞め、風俗で働き始めたとの事。
そして、Aが稼いだお金のほぼ全額が、メンバーの小遣いになっていました。

photo

とてもショックでした。
正直、そのバンドの裏側は知ってはいましたが、まさか自分の友人がそんな立場になっていようとは。
それ以来、Aはもちろんバンド側に対する印象は堕ちるところまで堕ちてしまい、Aとは完全に関係が切れ、バンドに対する熱意も冷めきってしまいました。
この界隈ではまったく珍しくない事ですが、少なくとも私はお金“だけ”の関係しか築けないくらいなら、独り身のままで居た方がましだと思っています。